糖質で太るメカニズム

糖質の多いものを食べると血中にブドウ糖が増え、血糖値が急上昇します。
すると、膵臓からインスリンが分泌され、インスリンの働きで肝臓や筋肉にブドウ糖が取り込まれます。
取り込まれなかったブドウ糖が血液中に充満すると、余ったブドウ糖が中性脂肪に変わり脂肪細胞が溜め込まれます。
その結果、太るということになります。
“糖質で太るメカニズム” の続きを読む

体内の糖質が減ると、身体は脂肪燃焼モードに

糖質を控えると、血糖値の急激な上昇や、上昇する機会が減るので、インスリンの大量分泌を防ぐことができます。
急上昇した反動で血糖値が急降下するとき、身体は甘いものを欲しがりますが、この欲求もダウンします。
また、体内の糖質が減れば、代わりに脂肪を燃やし始めるので、糖質を控えることは、脂肪の燃焼を促進する食事法でもあるのです。
“体内の糖質が減ると、身体は脂肪燃焼モードに” の続きを読む

血糖値の急激な上昇が身体に脂肪を蓄えさせる

糖質の多い食品を摂ると、血糖値が上昇するため、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは、血糖値を下げるほか、その血糖を脂肪に作り変えて、脂肪細胞に蓄える働きもあるため、インスリンの大量分泌は脂肪がつきやすくなる一因です。
糖質は、エネルギーとして使われたり、肝臓などで蓄えられれば太りませんが、一気に血中に糖が増えると処理しきれず、中性脂肪として蓄えられてしまいます。
“血糖値の急激な上昇が身体に脂肪を蓄えさせる” の続きを読む

必要以上の糖質摂取で身体は太る

私たちの身体は、そもそも「痩せたくない」「エネルギーを溜めておきたい」と望んでいます。
これは、人類が長く飢餓状態にあったためで、なかでも甘いもの(糖質)は人類の大好物です。
身体が生きるためにエネルギーをストックしようとしても、今日生活するためにはエネルギーはそれほど必要ではありません。
それでも欲するがままに必要以上の糖質を摂っていては、身体は太ってしまうのも当然です。
“必要以上の糖質摂取で身体は太る” の続きを読む